贈られた人気のベビーリングの使い方と毎日つけるメリット

BABY RING

毎日つけるベビーリング

ベビーリングとは、生まれた子供への最初のプレゼントとして誕生石を埋め込んだ小さなリングですが、私の場合は、子供を授かった記念として結婚指輪を作ったお店で私の小指サイズで作って頂きました。毎日つけていられて、肌なじみがよい色として、リングはピンクゴールドです。子供の誕生石を埋め込みました。内側にはイニシャルと日付を入れました。毎日いつでも一緒で、肌身は出さずつけている私のベビーリング。本来ならばもっと小さなもので、ネックレスのヘッドとかに使用する物なのかもしれません。今は子供は使うことはできないけれど、ネックレスでもリングでも子供の健やかな成長と幸せを願う親の思いは同じです。
このリングをいつか私の指ではなく子供の指につけてあげてたいと思っています。私のようにまず自分サイズに作って、その後子供にプレゼントするというベビーリングがあってもいいのではないかなと思うので、ベビーリングってただの飾り物とか、ネックレスのヘッドとしてではなく、お母さんと子供をつなぐ大切な宝物として購入するのもいい記念になるのではないかと思います。子供の成長を見守り、いつか子供自身が身に付けてくれて、大切にしてくれたら・・・と思います。

人気急上昇しているベビーリング

ヨーロッパでは産まれた赤ちゃんに食べ物には困らないようにと願いをこめ、銀のスプーンを贈る風習があり、それが今では銀の指輪となり、ここ最近日本でもベビーリングを贈る方が増えてきています。このベビーリングとは赤ちゃんの誕生石を埋めたリングの事で赤ちゃん用の小さな指輪のことです。赤ちゃんの健やかな成長を願い贈るものです。しかし、赤ちゃんの指にはめておくのはとても危険ですので、チェーンを通してお母さんがネックレスとして首につけたり、ペンダントにしたり、子供が成人した際にプレゼントしたりします。
ただ、出産祝いにと出産前に用意してしまうと、万が一出産が早まったり遅れたりして誕生月が変わってしまったなんて事になりかねませんので、できれば出産後に用意した方が無難でしょう。今では、有名なジュエリーブランドでも扱っていますので、ゆっくり検討してみるのも良いでしょう。このベビーリングにも種類が豊富で、どんなものを選んで良いのか迷ってしまいますよね。銀の指輪と言うだけあってシルバーの素材を選んでしまいそうですが、じつはシルバーはあまりおすすめできません。長い期間、保存しておきたいものなので、素材やデザインには慎重に選びたいものですね。

ベビーリングを贈る理由と使い方

ベビーリングは赤ちゃんの健やかな成長と幸せを祈って贈られるファーストジュエリーになります。日本ではまだ馴染みが薄いのですがヨーロッパでは一般的になっていますし、日本でも守り刀などを贈ると言う風習はありました。なので近年になって徐々に認知度を上げていますが、実はベビーリングには大きく分けて2種類に使い方があります。一つは親が身につけると言う使い方でもう一つは保管して子供が成長した後に渡すという物になります。
基本的には親が身につける事が多く、赤ちゃんが誤飲してしまう事を防止する為にリングにチェーンを通してネックレスの様な形で首に掛けます。一般的にベビーリングは非常に小さいので誤飲しやすく、それを防ぐためにもこの様な形で身につける方が多くなります。
また子供の成長を待ってから渡すと言う使い方についてですが、こちらは親にとっても子供にとっても良い記念品になります。例えば実際に赤ちゃんの指のサイズで作った場合は成長を実感できますし、そうでなくても贈った時の気持ちなどを伝えれば親子の絆が深まるとされています。
なお基本的にそれほど高額のものではありませんので、資産と言うよりは思い出の品と言った意味合いが強いものになっています。


ベビーリングでわが子への愛を
自分の子供への愛をより深く表現するならベビーリングをつけておげるといいでしょう。目に見えて愛情を感じることができるので、子供も幸せに育っていくことができるはずですよ。

PICK UP

news

TOP